糖尿病を改善するための治療法を知ろう|的確な治療で病気を克服

聴診器

新しいがんの治療法

female

自分の免疫細胞を使う

免疫細胞治療とは、自分自身が持っている免疫細胞を使ってがん細胞を攻撃し治療しようという新しいがんの治療法です。私たちは生まれながらに免疫というシステムを持っています。体外からは細菌やウイルスが体内に入り、体内では異常な細胞が毎日多数生まれています。それにもかかわらず、私たちが日常生活を普通に過ごせているのは、免疫システムが常に体内を監視し、自己の細胞でないものを見つけたらすぐに殺傷して無害化しているからです。しかし、長い年月の間には、この免疫システムの監視をくぐりぬけ、悪性新生物(がん)として成長するものが出てきます。がんに対してはこれまで手術、化学療法、放射線療法が主におこなわれてきました。これらは治療に高い効果を発揮する一方で、患者への負担も大きいという諸刃の剣でした。

副作用がほとんどない

免疫細胞治療は自己の細胞を使うため、身体への負担が少なく副作用がほとんど無いという利点があります。具体的にどのようにおこなうかというと、治療を受ける人から血液を採取し、治療に用いる免疫細胞を分離し増殖して活性化します。その後、生理食塩水とともにこの活性化した免疫細胞を再び体内に入れます。がんのタイプや治療の目的によって使われる細胞はいくつかあり、免疫細胞治療として現在知られているものには樹状細胞療法、やCTL療法、NK細胞療法などがあります。免疫細胞治療は他のがんの治療法と併用することもでき、手術でがん細胞を入手すれば、治療の幅が広がります。副作用が少ないだけでなく、基本的には入院の必要もないため、普段と変わらない生活を送ることができます。免疫細胞療法は自由診療で健康保険適応外であるため、自費での治療になります。