糖尿病を改善するための治療法を知ろう|的確な治療で病気を克服

聴診器

大腸の炎症性疾患

女性

大腸の炎症性疾患の症状

大腸の粘膜の一番内側の層に、潰瘍やびらんが形成し大腸が炎症を起こす疾患を「潰瘍性大腸炎」と言います。潰瘍性大腸炎の主な症状が、下痢と頻繁な腹痛です。下痢の場合は下血が見られることもあります。潰瘍性大腸炎は進行していくと、直腸から結腸全体にまで炎症が及ぶこともあります。若い人から高齢者まで発症する疾患であり、男女において発症の性差は殆どありません。男性は20歳から25歳、女性は25歳から30歳が発症年齢のピークとされています。潰瘍性大腸炎は喫煙者の方が喫煙をしない人に比べ、発症率が「低い」のが最大の特徴と言えます。現在、潰瘍性大腸炎の発症原因は明確にはされていません。腸内の免疫機能の低下、食生活の欧米化などが、要因の可能性が高いと考えられています。

大腸の炎症性疾患の治療法

潰瘍性大腸炎の治療は、薬による内科的治療が主体となります。症状が重度の場合、薬の効果が殆ど現れない場合に外科手術が選択されます。内科的治療において、潰瘍性大腸炎の直接的な治療薬は現在存在しません。しかし腸内の「炎症」を緩和、鎮める治療薬はいくつか存在します。使用される治療薬は、患者の状態や症状に合わせて選択されます。治療薬が効かない、出血量が多い、穿孔、癌の可能性がある、などの場合には外科手術である「大腸全摘術」を行います。大腸全摘術を行う場合は、小腸に便を溜める「回腸嚢」と呼ばれる袋を作り、それを肛門に繋ぎあわせる方法が主流となっています。大腸全摘術後は、これまでの生活と全く変わらない生活を送ることが可能です。